成田メモリアルパークより季節の花のたよりをご案内致します

成田メモリアルパークと周辺エリアから、この時期ならではの花と催し物の情報をお伝えします。

季節の花
梅雨の季節に咲く紫陽花は、爽やかな青から愛らしいピンクまで、さまざまな色でわたしたちの目を楽しませてくれます。七変化と呼ばれるこの色は、土壌のPhによって変わり、酸性土壌では青、アルカリ性土壌ではピンクになるのだそうです。酸性土壌の多い日本では、紫陽花の青い色が美しいといわれています。
7月になると、パーク内の池にも蓮の花が咲きはじめます。
蓮は、泥の中より伸び出でながらも泥の穢れに染まらず、美しい花を咲かせることから、『汚れたこの世においても、法の花を開かせる』として、仏教で尊ばれてきた花です。今年も、蓮の気品あるすがたをお楽しみください。

7月7日、織姫と彦星の年に一度の逢瀬の日。
ご来園のお客様に短冊に願いを書いていただき、星に願いを捧げます。


7月6日(金)〜8日(日)の3日間、成田のまちは「成田祇園祭」でにぎわいます。各町自慢の10台の山車と屋台がまちを巡行し、笛や太鼓にもり立てられて、仲町の坂をのぼってゆくさまは壮観なものです。