成田メモリアルパークより季節の花のたよりをご案内致します

成田メモリアルパークと周辺エリアから、この時期ならではの花と催し物の情報をお伝えします。

季節の花
成田メモリアルパーク17区奥に、淡い紅色の合歓(ねむ)の花が咲いています。合歓の木は夜になるとまるで眠るかのようにゆっくりと葉を閉じることから、この名がついたそうです。また、樹皮は合歓皮(ごうかんぴ)、花は合歓花(ごうかんか)として、不眠・不安に効能のある漢方薬となるそうです。

成田は新勝寺の門前町として発展し、利根川と印旛沼にはさまれた地域であることから、この地に住む人々がしだいに『うなぎ』を食べるようになったと言われています。
元禄時代に、初代市川団十郎(成田出身)の活躍により、成田山新勝寺の名が一躍江戸中に広がり参拝客が増加しました。旅館では『うなぎ』を出すところが多く、参拝客の舌を喜ばせたそうです。現在でも、成田山表参道周辺には多くの『うなぎ』料理店が軒を連ねています。
「うなぎ祭り」は、その伝統をひろくアピールするために、平成17年より、土用の丑にあわせて開催されています。「うなぎ祭り」参加店でお食事やお買い物をしてスタンプを3個集めると、豪華プレゼントが当たる抽選会に参加できます。

1.期間 平成19年7月14日(土)〜8月19日(日)
 (※平成19年の土用の丑の日は、7月30日(月)です。)
2.抽選会 9月中旬予定 (成田観光館にて)
3.主催/お問合せ 社団法人成田市観光協会 0476-22-2102
  千葉県成田市花崎町760(成田市役所内)
  詳しくは、成田市観光協会HP http://www.nrtk.jp